上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デジカメ、買いました。
あたしも大人になったなあ~


今までは母のすぐ電池の切れるヘナチョコデジカメを
使っていたのですが、
ハウジングなしで海に3mもぐって使える海好き最強モデルを
買ってしまいました。
ほんとに大丈夫なのかな?って気もするけど。
このデジカメ、1cmまでマクロ撮影できるらしく、
かなりいい感じで、さっきからいろんなものをマクロ撮影している私。
スポンサーサイト
camomilehana0704

オイルやらグリセリンやらに漬けているカモミールって
このカモミールジャーマン。
2007.04.29 潮干狩り
今日はゴールデンウィーク。
友達と三番瀬で干潟遊びをしようとはりきって出かけました。

・・・が
混み方もゴールデン。
仕方なく地元の浜に行くことにしました

ところがそこは
潮干狩りも満喫できる海だったのでした!!
びっくりだな~
シオフキガイという貝がジャリジャリ採れました。
kai0704

大量に採っていたおじさんに聞いたら、
しっかり砂抜きして味噌汁にするとうまいとのこと。
ただいま、砂抜き中。

高層ビルのすぐそばの海だけど、
とても気持ちよくて穏やかな時間。
何よりすいていてよいです。
chozenmi0704


追記:
シオフキガイはアオヤギみたいにプリプリしてて、かなりおいしかった!!
2007.04.28 カモミール/oil
camooilwhole0704

カモミールジャーマンをオイルに漬け込みました。
カモミールっぽい香りも残りました。
これでベビーソープを作りたいと計画中。
camooilbin0704

比呂里苑にもカモミールジャーマンが咲いてます。
少しずつ、花をためて漬物準備中。
glyiro0704

何しろ持っているハーブ類をいろいろ漬けてみました。
この方法が効率よく抽出できるわけではないようにも思うんだけど・・・

左からユキノシタ、モモ葉、レッドローズ、オレンジフラワー、お茶。

3日ほど経ったけど、レッドローズなんて特に変化なし。
一番期待してんのにさ~
orengefoil0704


オレンジフラワーを浸出油にしてみました。
これがまた、色がほとんどつかないのです。
オレンジフラワーは
高級な精油「ネロリ」の元、ビターオレンジの花。
ハーブそのものは「ネロリ」に近い香りがするけど、
このオイルの香りはびみょ~な甘い香りがしています。
2007.04.22 春の藤野
engeirand

相模湖のすぐそば、藤野へ8年ぶりくらいに行ってきました。
Be-Nature Schoolのプログラムに参加したのです。
天気がよくて、風が気持ちよくて、ゆるゆるな1日。

akebi0704

アケビの花が咲いていました。なんだか不思議な形してるんだな。

yamarindo0704

ヤマリンドウ。小さくてかわいくて。
地元のおじちゃんとおばちゃんはこう言ってたけど、
「フデリンドウ」か「コケリンドウ」っていう名前かもしれないです。

そんでもって、そのすぐそばには
イノシシがたけのこを掘って食べた跡。
inoshishi0704

激しい奴・・・
calenua0704

↑コチラ、カレンデュラのウルトラ抽出。

calen1m0704

↑コチラ、カレンデュラの1ヶ月マッタリ冷浸法。
1ヶ月じっくり待ったので、こちらに愛着があるんですけどね。
2007.04.19 ハコベ/soap
hakobesoap07041

昨日紹介したハコベを抽出したオイルで石けんを作りました。
このオイルが30%入ってます。
出来上がりはドクダミ30%石けんとよく似た色です。
石けんにもほんのり甘い草の香りが残りました!
2007.04.18 ハコベ/oil
hakobeoil0704

春の七草の1つ、ハコベをオイル抽出してみました。
ドクダミと同じくらいしっかりと緑色が出たけど、
ドクダミよりちょっと明るい色。草っぽさの中にほんのり甘い香りが
します。
2007.04.18 お茶/oil
ocha0704

お茶の葉をそのままオイルに抽出しました。
ドクダミとかよりはずっと薄い色で、抹茶ぽい色味です。
お茶の香りがほんのりします。

これで作った石けんはコレ
●お茶の石けん

rosemaryoilua0704


ローズマリーの乾燥粉末をオリーブ油に抽出してみました。
いわゆる、ウルトラ抽出法にて。(←ソーパー用語
ローズマリーではいろいろ実験したけど、
ウルトラ抽出法が一番緑色がきれいに出るみたいです。
snakendo0704

比呂里苑では2つだけ収穫期にある野菜があります。
その1つがスナックエンドウ。
今、最盛期です。自然栽培で育ててみたよ。

capopy07041

私は風に揺れる花が好きで、ポピー類も大好き。
このカルフォルニアポピーの咲き乱れる庭をイメージして
昨年種を植えたのですが・・・
なんと、うちのおばあちゃんが草むしりしちゃったんです(^_^;)
ポピーの小さな芽を一生懸命ね。

そんなわけで2~3株しか生き延びてくれなかったのですが、
まぶしいオレンジ色の花が咲いてくれました。

ところで、このカルフォルニアポピー。
私はカルフォルニアで本場のこの人を発見しました!!

2007.04.13 どくだみ /oil
dokudamioil0704


先日ご紹介したどくだみの石けんはこのオイルで作りました。
●どくだみ30%
●どくだみ13%

青みのある濃いグリーンでこのオイルが出来た時にはココロが踊りました!
rosemarygly0704


ローズマリーをグリセリンにつけてみました。

最高にいい香りです。
ローズマリーの本物の香りに近い!
すっとした中に甘い香りが残っていて。

絞りきれなかったグリセリンがローズマリーの中にいっぱい残っちゃったので、
水でジャボジャボやって、薄めた後ローションにしました。

・・・・なごみます。


haibi04112


ハイビスカスをグリセリンにつけてみました。
たった1日でこんなきれいな色が出て感動(>_<)
2007.04.10 ブログの反応
実はこのブログ…
約1年前にブログを立ち上げました。
「アフェリエイトっつうの?あれやってみようかな?」
なんて思ったのが始まり。

2週間ほどして…
すっかりアップすることを忘れました

1年後、仕事でブログにも慣れ、
たくさんの人たちのブログを見て、その楽しさに触れた私。
そこでテーマを絞るのだ!とココロに言い聞かせ、
余計なことをつぶやくまい!と思っていたのですが、
このブログを見た幼馴染から「タイトルだけで2度笑った!」
などという予想外の携帯メールが届きました…

は?いたってまじめにやってるんですが?


sweet0704

昨年の旅行でヨセミテ国立公園に行く途中のバスの中から、
スイートアーモンドの木の畑がしばしば見えて、
「へぇ~!これがスイートアーモンド油の元かぁ~!」
と思ったのですが、
先日、東邦大学薬学部の薬草園に行きましたら、
スイートアーモンドの木に花が咲いていました!!
かわいい~!
サクラみたいな色だけど、もう少しピンクが濃くて、大きい。
左と右とちょっと色が違うでしょ?右は真ん中が濃いピンク。
右は受粉後の花の色なんですって!!!
「言わないでもみんなにばれちゃう」って先生が言ってて
私は間髪いれずに大爆笑だったんだけど…(^_^;)



2007.04.08
ichigo0704

もう苺の季節も終わりに近いけど…
この苺、ものすごいおいしかったです。
実家が苺農家という栃木出身の方にいただきました。
出荷できないサイズの苺なんだそうです。
もったいない!


2007.04.07 3月 ストック
stock0703


南房総・千倉で子どもの頃からお花摘みをしました。
そこに植えられている花の1つ。
いい香りなのですよね。これもアルコールにつけてみれば
よかったと毎日思いながらも時すでに遅し・・・
2007.04.07 1月 山茶花
sazanka0701

水仙と時期を同じくして、生垣である山茶花(さざんか)が
たくさんの花を魅せてくれます。
お花の少ないこの季節、鮮やかなピンクがなんともありがたい。
2007.04.07 1月 水仙
suisen0701

お正月が近づくと水仙が咲き出します。
寒い冬にあの香りに心癒されるのです。
新しい比呂里苑は前のオーナーが残してくれた水仙が
たくさん咲きました。
2007.04.07 沈丁花/lotion
街で春の足音をいち早く知らせてくれる沈丁花の香り。
子どもの頃住んでいた街にはそこここに咲いていました。
沈丁花の香りをアルコールに移してみよう。
沈丁花のローションは殺菌効果があり、皮膚トラブルに効果的だとか。
また、香水としても使えるそうです。
jinchoge07041

やさしく水で洗います。

jinchoge07042

花をアルコールに入れたそばからエキスが出ている感じ。
1ヶ月経って、アルコールの香りから沈丁花の香りに変わってきたようです。
漬け込み:2007年3月10日

2007.04.07 ゆずの葉/lotion
yuzuha0704

ゆずの木の剪定をしていたら、プチグレンの香りが・・・
プチグレンはオレンジの葉から蒸留するエッセンシャルオイル。
同じ柑橘系だから、似ているのですね。
ゆずの葉をアルコールにつけてみました。
大好きなゆず的プチグレンの香りが残りますように。
漬け込み:2007年4月7日
sakura07041


散りゆくさくらの香りを閉じ込めよう。

sakura07042

漬け込み:2007年4月7日
こんにちは!

pi

比呂里苑(ピロリエン)は1998年にはじめて野菜を作り始めた頃つけた
私の小さな小さなお庭の名前。
野菜とかハーブとかお花とか雑草とか。
毎日感動があり、そこで時間を過ごすと心穏やかになりました。
それから3年経って、引越しをして、
お庭のない生活になってしまいました。

2007年。私にもまた小さなお庭ができました。
そして、植物に心惹かれる毎日がまた巡ってきました。
季節の移ろいを植物の様子で知る穏やかな毎日。
植物油で石鹸を作り、
植物油やアルコールに植物のエキスを抽出し、
香りや色を楽しんで、
できたものを毎日使っていくことにも夢中です。
そんな中で、古くからある日本人の知恵に触れることも多く、
畑では邪魔者だったドクダミやスギナがいとおしくて仕方ありません。

私が見た「自然の彩り」を記録していくブログとして
ボチボチとやっていこうかと思っています。
orengeflower0704


こちらはなかなか色がオイルには抽出できないオレンジフラワー。
なので、浸剤も併用して作りました。
オレンジフラワーの華やかな香りがほのかにしています。
calendura07041


ちょっと濃厚に無理やり浸出させてみたところ、濃い色が出ました!
dokudami07043


これは携帯カメラから。
濃いグリーンがしっかりと出ました!
なんともいえない草っぽいような甘みのある香りがします。
このドクダミは幼馴染のまめちえの父・ほずが採取し、
乾燥させたものをいただいて作りました。
ほず・・・いい仕事します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。